審査は厳しいですか?

カードローンの審査が厳しいという話は利用したことがない方でも一度は耳にしたことがあるはずです。実際に審査はどのように厳しいのか、チェックしておいてくださいね。

カードローンの審査は本当に厳しいの?

Q

カードローンの審査は厳しいとよく言いますが、本当に審査は厳しいのでしょうか?



A

カードローンの審査が厳しい理由



現在、カードローンを利用する際にはインターネットから申込むことが一般的になってきていますが、その際に必要となる書類というのは、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)と、所得を証明するための書類の2点です。希望の融資希望額が少額の場合でしたら所得を証明する書類は不要となります。そして、審査において最も重要なポイントをご説明させていただきますと、やはり保証会社が保証してくれるかどうかになってきますね。

カードローンの場合は担保や保証人も不要で申し込むことができるようになっていますが、その代わりカードローン業者が提携している保証会社の保証が必須になります。多くの場合、その保証会社は銀行系の消費者金融が請け負っていることをご存知でしょうか?保証会社が保証してくれるかどうかなどが審査のポイントとなるのですが、保証会社が銀行系の消費者金融である場合には一体どうなるのかというと、銀行系の消費者金融が直接貸し出しをする場合より審査が厳しくなってしまうのです。なぜなら、保証会社は保証料を得るだけであって、返済不能になるリスクを負わなければならないので、どうしても審査を厳しくする必要があり、申し込み者の半数が審査に落ちているというのが現状です。