金利が低いカードローンに申し込むには

金利が低いことと、審査の厳しさは、反比例します。つまり、金利が低ければ審査は厳しいのです。カードローンを扱う金融業者が行う審査の主な基準は、「収入が安定している」「雇用の社正規員である」「居住年数が長い」「他社からの借入がないか、あっても小額」のような内容審査が通りやすい人の特徴です。このうち、すぐに対処できそうなものは他社借入です。複数の会社からローン歩借りているなら、カードローンを申し込む前に、借り換えで一本化しておくと高評価を受けます。できれば、引越しや転職もひかえたほうがいいですね。

ただ注意しなければならないのは、申込を複数回してしまうと、「申込ブラック」と認定されてしまい、どの金融機関からの借り入れもできなくなってしまう可能性があります。「申込」情報は、信用情報機関に6ヶ月間登録され、審査時に照会されてしまうので、まずは6ヶ月待った上で申し込むことをおすすめします。